1972年にフランスのカセグレンが反射望遠鏡の改良型を発表しました。従来の望遠鏡のように鏡筒の後ろから観測する方式です。副鏡を傾ける代わりに凸面として、焦点を反射鏡の後ろにもってくるものです。この方法では、反射鏡の焦点距離は鏡筒より長くなり、望遠鏡の倍率を大きくするのに遊離です。

カセグレンアンテナは衛生通信の地球局アンテナなど、大型アンテナとして現在最も多く利用されています。通常のアクシス式パラボラアンテナと違い、輻射器による反射器を隠蔽する部分の形状を対象に保ことができるため、指向性のわずかな乱れが許されない衛生通信に多く用いられます。

カセグレン式アンテナは主鏡の焦点を遠くにしても、副鏡支持具を長くしないで済む移転があるばかりでなく、主鏡焦点が遠くあることにより、アンテナ師やが大きく取れる利点があります。

カセグレンアンテナは主反射鏡と副反射鏡の2個の反射鏡があるため、高性能のアンテナになります。アクシス式パラボラアンテナと比較した場合、導波管を短くでき、その損失が軽減できます。輻射器の形状による指向性の乱れに規則性があるので、これを補正しやすい。副反射期による主反射器を隠蔽する損失が比較的大きいなどの違いがあります。