交流電源

私たちの周りには、池や川にできる波などがあります。波が右方向へ進んでいるとき、決まった位置で見ると界面は上下に振動していますが、この上下運動をくり返すのが周期現象です。

普通の波の形は三角関数で表すことができます。三角関数で表される量は、私たちの身近に数多くあります。各家庭に供給されている電力の電圧がその代表です。

「フレミングの右手の法則」という物理の法則がありますが、高校の物理の教科書では、次のように説明がされています。直交座標 (x、y、z)がありま す 。この空 間 にx 方向を向いた延長話Bがあり、 y方向を向いた長さGの体棒が速度Uでz方向に運動し、起電力が発生します。これがフレミング右手の法則です。

このとき体棒の両端lこ電圧 V=Bavの起電力が発生しますこれがフレミングの右手の法則です。ラジオやテレビの中にある電気回路は、トランジスタの他のコイル、コンデンサ、抵抗でできています。抵抗に電流が流れると両端の電圧が変化します。コンデンサに電圧をかけると、電圧の微分値の積の電流が流れます。また、インダクタンスLのコインに電流が流れると、Lと電流の微分値の積の電圧が発生します。